IMG_8822

2021.4.24 羅臼岳 岩尾別ルート

羅臼岳を岩尾別ルート往復で残雪期山スキーを楽しんできました。まるで5月上旬のよう。。。

昨年も融雪が早いと言っていましたが、今年も早い。560m岩峰までは夏道が出ており、それより上は断続的に雪がのこっているくらい。650m岩峰を越えて弥三吉水までの間の登山道も所々出ているくらいです。

IMG_8801

 

弥三吉水も標柱が顔を出し流れも見えるくらい雪が割れていました。

IMG_8815

極楽平の標柱まで姿を表していました。ダケカンバを縫いながら進みますが、例年より立ち上がりが多いので迂回に次ぐ迂回です。この時期は仙人坂は雪の壁になっているので、これを避けてルート取りしますが、今回は東側の沢筋を直登。

IMG_8838

大沢に入ると気温も上がってクライミングスキン(シール)が下駄になるくらい雪が腐ってきましたが問題なく直登。羅臼平から岩清水、山頂直下まで雪がつながっているのでスキーで行動、滑走できます。

IMG_8839

羅臼平は雪が少なく、平坦面では水たまりができていました。これはまずい、、、早い時期からの流水で登山道の洗掘が予想されます。雪や氷が少なくなり高い気温と降雨が始まる時期が早くなっていると感じます。

IMG_8850

岩清水からツボ足でステップを切って山頂まで。山頂も雪が腐って雪氷がボロボロと崩れ落ちてきました。知床峠は4月27日(火)09時30分に開通予定。しばらくは16時までの通行ということですが、例年より前後に時間があるので楽しめそう。ただ、写真のとおり天頂山方面のハイマツがすっかり立ち上がっています。

IMG_8855

 

知床連山の積雪も少ないです。三ッ峰やサシルイ岳の南西斜面の吹き溜りも小さく、全体に乗っている雪が少ないのが見てとれます。今年の夏も水場の水量が不足する可能性が高そう。

IMG_8827

この日は山頂直下から山スキーで滑降。下山時は天気雨になりましたが大沢、最高でした。

(滝澤:知床山考舎 代表)

同時期の状況はこちら。。。

2019.4.23 羅臼岳