logo_guidline_covid19

COVID-19対応(2021年2月現在)

2021年2月現在の知床山考舎におけるCOVID-19感染拡大防止のための取り組みについてお知らせします。感染防止をしながら冬の知床の山々を楽しんでいただければ幸いです。また、夏山シーズンのご予約も受け付けておりますのでご連絡ください。

2月現在、新型コロナウイルスに対する北海道の体制は警戒ステージ3。

  • 緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控えてください。
  • できる限り同居していない方との飲食は控えてください。
  • <感染リスクが回避できない場合>
    • 札幌市内及び小樽市内における不要不急の外出や札幌市及び小樽市との不要不急の往来を控えてください。
  • 集中対策期間は1月16日〜2月15日
  • 北海道庁ホームページhttp://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/singatakoronahaien.htm

知床や登山といった部分で基本的な対策以上に配慮するべき対策はないものの、ガイドのご依頼については国や都道府県の警戒ステージや対策等を確認させていただくとともに、健康状態の確認をさせていただいた上でガイドを受諾するかどうか判断させていただきますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

知床山考舎では当社のガイドラインに基づいたCOVID-19対応を行っていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 家族や面識のある特定のメンバーやグループがパーティーを組む形式のプライベート プランを中心に実施していきます。
  • 不特定多数の方がパーティーを組む形式だったオープンプランは、当面は実施しません。
  • ご依頼時に提出していただく健康状態確認書類にCOVID-19感染拡大防止ために確認していただく書類を提出いただきます。
  • 個人防護具(マスクやアイウェア、除菌ジェルなど)のメンバー各自で装備していただきます。
  • 詳しくはガイドラインをご覧ください。

夏山などこの先のシーズンの予約も承っております。

COVID-19への備えは今後も必要でしょうし、計画を立てても中止や変更を余儀なくされるかもしれません。

しかし、いろいろと計画したり予定を考えてみるのは、誰にも、何をも、言われるものではない、はずです。

実行するときは自分だけではなく社会との関わりを考え調整を十分におこなっていきましょう。想像力=妄想や自分勝手なものではなく、どこまでシミュレートできるか、が危機を回避するとともに、楽しむ原動力であると思います。

(知床山考舎 代表 滝澤大徳)