COVID19a

新型コロナウイルス感染症対策に伴う知床山考舎の対応(2020.4.21)

平素は知床山考舎を愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、知床山考舎ではガイド登山のご依頼やイベントの実施について4月10日より受け入れの制限などをさせていただいております。今回21日付で内容の一部を変更いたしました。なお、今後も状況に応じて変更を行いますことご了承ください。

これまでの対応についてはこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策に伴う知床山考舎の対応(2020.4.10)


新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しています。

いち早く独自の緊急事態宣言を発して措置を講じた北海道では感染者数は一時減少したものの、政府の緊急事態宣言以降の駆け込み的な人の移動などで再び増加の傾向に転じています。

北海道での感染者の増加でもっとも危惧すべきは道央・札幌圏での医療体制が崩壊することです。

北海道の緊急医療、高度医療は札幌圏に集約されていることから、医療体制の保護のためにこれまで以上に来道いただくことの自粛要請がされることが予想されます。

弊社のガイドのお申し込みなどは、これまで政府の緊急事態宣言により設定された期日である5月6日を目安としてきましたが、その期日で状況が改善されたり、様々な要請が解除されるのは難しい状況となっています。

このような中、4月20日には私どもも所属する登山に関わる国内の四団体から「山岳スポーツ愛好者の皆様へ」共同宣言もなされました。

弊社ではこれまで5月6日までについて条件付きでガイドの受け付けをすることとしてきましたが、まずは人の移動によるCOVID-19の拡散を防止し収束を図ることが優先するべきということで、5月6日に経過観察の2週間を加えた5月20日までのガイド受け入れを一時停止いたします。

また、5月21日以降、6月末までに計画されているプランについては、一週間毎に北海道の状況をお伝えした上でご依頼者の意向を確認することでガイドと顧客間の感染防止の認識を共有し、効果的な防止対策になるように努めることとします。

お申し込みやキャンセルなどに関してもこの期間は規定によらずガイド料金の返金に応じることとします。

以上は4月21日から6月30日まで行うこととします。

  • 4月21日から5月20日まではガイド業務は行いません
  •  5月21日から設定いただく計画では一週間毎に北海道の状況をご連絡させていただき、お客様の意向を確認させていただきます。(6月30日まで)
  • キャンセルの場合は規定によらずガイド料を返金いたします。ただし返金にかかる振込手数料は差し引かせていただきます。(6月30日まで)
  • 新規申込時に申込料としてガイド料の一部を前払いいただく設定を一時停止します。(6月30日まで)

知床山考舎 代表 滝澤大徳


 

これまでの対応についてはこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策に伴う知床山考舎の対応(2020.4.10)


変更履歴

  • 2020.4.3初版
  • 2020.4.7一部加筆修正。同日発表の国の特別措置法に基づく緊急事態宣言による対象都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)からの受け入れ停止、及び、対策期間を4月いっぱいから5月6日に変更。項目「消毒に関して」追加
  • 2020.4.8 外部公開と内部通達に分離し、外部公開用に文言整理
  • 2020.4.10 来道者と道内者の受け入れについて整理。ガイドトークの離れる距離を2m以上に修正。その他文言整理
  • 2020.4.16 国内、道内の動向を勘案し、顧客との情報提供と意向確認の方法、キャンセルポリシーの一時変更を検討
  • 2020.4.21 5月20日までのガイド業務受け付けの一時停止を決定