2019.12.15 山岳コーチ1認定検定会

山岳コーチI認定講習会(北海道山岳連盟主催)もいよいよ最後。

公益社団法人 日本スポーツ協会と公益社団法人 日本山岳スポーツクライミング協会が認定する山岳コーチ制度。初夏に始まった養成講習会も第4回目となりいよいよ積雪期の検定でした。

積雪期の行動、実技を検定するために積雪が少ないものですからスタッフは前日入りしてアイゼン歩行用のコースや滑落停止動作確認用のスロープを作成して検定当日に臨みました。夜から雪になり気温も下がってくれたことでしっかりとコースが出来ていました。

積雪期の実技の検定後に受講者一人一人に筆記試験等の結果を伝えるとともに講評させていただきました。自立した登山者として、山岳会のリーダーとして、そして今後はコーチとして活躍していってほしいと思います。全体の講評でもお話ししましたが、コーチは登山の知識や技術だけでなくコーチングのためにいろいろな分野の学習や研究をしていく必要があります。そして勉強しなくなった時はコーチをやめる時です。これからいっしょに登山を楽しみたい多くの方に安全登山を伝えていきましょう。

(滝澤:日本山岳スポーツクライミング協会認定 山岳コーチⅡ・主任検定員)