IMG_1929

2019.8.12 , 13 斜里岳・羅臼岳

ご家族で斜里岳と羅臼岳。

IMG_1944

知床斜里に入る前に雌阿寒岳に登ってきたみなさん。12日の斜里岳はくもり空でスタート。前日の雨での増水が心配でしたが、今シーズンの渇水と雨量の少なさで、水位は上昇したものの平年の高さになっただけで行動に問題なし。見晴ノ滝からはガスがかかってしまいましたが、山頂では時おり斜里平野が望めました。下山ルートの新道からはジャンダルムがガスの中から現れて幻想的でした。

IMG_1952

13日の羅臼岳はガスと雲の中の行動だったのですが、山頂の真上には青空。とはいえ強い風で耐風対策をしっかりとしてもらい山頂に向かいました。みなさんは四つんばいで記念写真もままならずでしたが。ブロッケン現象が見られそうだったのですが、山頂で立ったりできずに楽しめなかったのがちょっと残念でした。

IMG_1964

斜里岳の上二股をすぎて胸突八丁に向かっていく登山道ではガリー化が進んで法面の石が抜けやすくなってきました。12日もクライアントが軽く手をかけただけで40リットルザックほどの石が転がりました。幸い傾斜が緩い場所で3メートルほどで止まりましたが、今シーズンは同様に石が転がり長い距離で勢いがついたかなり危ないケースがあったと聞いています。大きな石でも動く、ということで行動を。安易に手をかけたり、特に下山時に止まる場合の足がかりにするのは危険ですよ。

(滝澤:JMGA登山ガイドステージⅢ)

「2019.8.12 , 13 斜里岳・羅臼岳」への1件のフィードバック

  1. この度の山行では大変お世話になり、ありがとうございました。おかげさまで楽しく、しかも安全に全員登ることができ、感謝しております。今でも余韻がさめません。また知床に伺うときは是非よろしくお願いいたします。

コメントは停止中です。