IMG_1751

2019.8.3-4 知床連山縦走

一泊二日で知床連山縦走。一日目の羅臼岳はガスの中でしたが、夏のお花たちや、二日目は大展望を楽しみました。

IMG_1691

岩尾別から入山。登山口の木下小屋に泊まりましたので朝の涼しい時間から登り始め、さあ、羅臼岳山頂へ。。。

IMG_1695

強風でガス。。。残念ながら景色は楽しめませんでしたが、ニノ肩雪田が融けた後のお花畑は見事でした。

IMG_1702

羅臼平から三ッ峰を越えて三ッ峰テントサイトで小休止。水場はパイプからはもう出ておらず、じんわりと土壌から染み出しているものが溜まっています。少人数なら浄化すれば取水できます。

IMG_1715

サシルイ岳も強風とガスでしたがミクリ沼側に降りていくにつれ青空が。雪渓は縦走路上には残っていませんが、融けた端からお花畑になっています。

IMG_1720

オッカバケ岳を降り二ッ池直前の雪渓の流れ出しで取水。浄水器でたっぷりきれいな水を作りました。雪の少しいただいてお楽しみの飲み物を冷やしました(^^)

IMG_1723

二ッ池の朝。ちょうど良い風に雲が流れていきます。地の池には中央部に水が残っているだけ。飲み水として浄化するにしてもちょっと勇気がいります。

IMG_1734

昨日は展望がない中お花を見ながら進みましたが、今日は見たかった景色が広がります。

IMG_1739

先日登山道整備した南岳周辺はとても歩きやすくなっています(よね?)。雲海の上に国後の山々が頭を出しています。

IMG_1752

知円別分岐で大きく変わる景色。

IMG_1759

この景色が見たかった!というコケシ岩付近からの知床連山。たくさんシャッターを切っていました。

IMG_1763

硫黄山第二前衛峰の雪渓が融けた後はアオノツガザクラが満開でした。

IMG_1768

背景のオホーツク海も雲海が広がっているためでしょうか、硫黄山がいつもより尖って見えました。

IMG_1772

硫黄山からの大展望。ダイナミックな雲の動きに何カット撮っても飽きません。ん

IMG_1786

F2、F1の枯れ滝の高巻きは少し緊張して通過。

IMG_1790

新噴火口の登山道沿いの噴気口。気温が高いので水蒸気が写しづらいかな?硫黄の黄色が鮮やかでした。

IMG_1792

 

硫黄山カムイワッカ登山口に下山。たくさん歩きました。カムイワッカ湯の滝もちょっと覗いてからマイカー規制期間なのでシャトルバスで戻りました。

女性2名ということで2人用テントで良いかなと思ったのですが、ここのところ暑いのと、お一人はテント泊がほぼ初めてということでしたので3人用テントをお二人でゆったり過ごしていただきました。一日目の稜線上は羅臼岳も含めほぼ何も見えていないので、今度はお花がもっと多い7月に再挑戦してくださいね!

(滝澤:JMGA登山ガイドステージIII)

「2019.8.3-4 知床連山縦走」への2件のフィードバック

  1. 滝澤さん、知床では大変お世話になりました。1日目の天気は残念でしたが、とても楽しい縦走でした。重いのに担いで頂いたビール、美味しかった〜。
    次は晴れた羅臼岳リベンジか?トムラウシか?
    またお目にかかれるのを楽しみにしています!

  2. こんにちは。いつもHPを拝見させていただき情報を得させていただいています。私は8月3日に二ツ池テントサイトにて先着していたソロの登山者(ダンロップV2の青いテント)です。今回の記事を見て先週のことを思い出しました。南岳周辺は剪定のおかげで歩きやすかったです。昨日おとといも行ってきました。連山縦走はこれで4週連続です。これからも貴社のHPでの情報を重宝させていただきたいと思います。

コメントは停止中です。