IMG_9933

2019.5.6 知西別岳

昨日5月5日からエゾヤマザクラが咲きはじめた知床。早い雪どけに知西別岳での山スキーも終わりですね。

IMG_9926
五ノ沼

天頂山経由など知床峠から直接滑り出すルートは今期はすでにハイマツで分断されているので、今回は羅臼湖入口から入山。羅臼湖入口は駐禁ですから知床峠に車を駐車して自転車で降りてきました。すでに28日の時点でいつもの3.5ノ沼を望む残雪期ルートのハイマツが立ち上がってしまっていたので、うるさくなってきたダケカンバを縫いつつ四ノ沼、五ノ沼の北側斜面を通過。

IMG_9935

前回4月28日に天頂山から羅臼湖に滑り降りた時点で大沢に取り付く羅臼湖畔も雪が少なかったですが、この日はさらに雪どけが進み、湖岸の植生が露出、羅臼湖に流れ込む川も口を開けてしまい、雪がつながっている上流までまわり込まなければなりません。渡った先はハイマツの帯があり、ササが薄くなって突破しやすいルートもそろそろなくなりそうです。

IMG_9946斜面もダケカンバなどがうるさくなってきています。

IMG_9948大沢もヤブが立ち上がっていて最上部から滑るのはもう無理なのは遠くからでも見えていましたが、まあせっかくですから行こうかなと思っていたら急激に天候が変わりました。

IMG_9947強風とガスに包まれます。視界のあるうちに斜面を楽しもうと滑り出しましたが、羅臼湖畔に戻る頃には 視界は数十メートル程度に。羅臼湖入口での視界は断続的に50mを切っているにも関わらず無灯火の一般車両が多くて、知床峠への自転車での登り返しが一番緊張しました。

知西別岳方面へのスノートレッキングは今期はもうヤブ漕ぎ覚悟になりますが、その他の知床横断道路を利用した羅臼湖や天頂山、火山活動をめぐるハイキングなどはまだしばらく楽しめますよ。どうぞご連絡ください。


 

羅臼湖を利用するみなさまへ

羅臼湖の展望台付近は積雪がなくなりつつあります。展望台へのアクセスは木道など遊歩道からどうぞ。コケ類などを踏みつけて損傷、枯損しないようにしましょう。

(滝澤:JMGA登山ガイドステージⅢ)