雌阿寒岳 噴火警戒レベルが1に引き下げ

火山性地震の減少など火山活動が静穏時の状態に戻る傾向がみられるということで、12月21日に噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下げられました。

雌阿寒岳では11月20日から火山性地震が増加し、振幅の大きな地震も多くなるなど火山活動が高まった状態となったとして11月23日にレベルが2(火口周辺規制)に引き上げられていました。

レベル1になったことで山頂までの登頂ができることになりました。知床山考舎でもガイド登山を受け付けますが、ヘルメットの着用など実施していきます。

12月現在の雌阿寒岳はいうまでもなく冬山で、アイゼンなど必要な状態ですが、冬山入門には最適な山ですからガイド登山でトレーニングしてみるのはいかがですか?ヘルメットなど装備のレンタルも可能です。どうぞお気軽にご連絡ください。

(知床山考舎 代表 滝澤)

参考:11月23日の雌阿寒岳