IMG_7872

2018.9.15-17 羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳

道東三座のツアーガイド。台風21号の関西空港被災と平成30年北海道胆振東部地震で催行が直前まで判断待ちになりましたが、良い天気に恵まれました。

第1日目の羅臼岳はこの時期にしてはちょっと気温高めで展望が霞むことが心配されましたが遠くまで観ることができました。

IMG_7864

環境省による登山道工事が岩尾別コースで進められています。登650m岩峰から弥三吉峠、大沢などでは石積みなどが行われ、弥三吉水の広場は作業スペースになっています。

IMG_7866

いつもなら黄色が鮮やかなダケカンバなどの紅葉は残念ながら枯れて落ちてきています。

IMG_7886

第2日目の斜里岳は清里旧道-新道コース。山頂が雲に包まれると踏んでいたのですが、何の何の、雲が抜けるたびに展望が広がりました。

IMG_7876

この時期は旧道などの沢の水量は直前に雨が降らない限り少なく、防水が効いた靴であれば中まで濡れることはありません。

 

IMG_7883

こちらの紅葉もいまのところ今一つ。

IMG_7898

第3日目の雌阿寒岳は雌阿寒温泉からオンネトーへ。いつもなら宿で朝食をいただいてから出発ですが、帰りの飛行機の時間がとても速くなってしまったので、早出。

IMG_7901

秋の陽射しのためでしょうか、火山の岩肌のディテールやオンネトーに映り込む青空が鮮やかでした。

IMG_7892

みなさんの足並みが揃っていたのでゆっくり温泉で入浴してから飛行場に向かうことができました。

IMG_7888

関西空港の台風被災で北海道に入出の空港が変更になったり、昼食などの手配については北海道の地震の影響で予定通りにいかなかったりと、山以外の部分で一苦労でしたが、空路も物流も問題解消に向かっています。震源地や被害が発生した地域はいまだに不便な生活が続いていますが、9月17日時点の道東・知床では物流やJRに影響は残っているものの、ほぼ平常な生活が戻っています。秋の登山についてお考えのみなさまはどうぞ気兼ねなくご連絡ください。

(滝澤:JMGA登山ガイドステージⅢ)