IMG_5219

2018.3.25-27 硫黄山(知円別分岐で撤退)

リピートいただいているお客様と知床硫黄山に挑戦したのですが知円別分岐で撤退。

IMG_5187

1日目は羅臼町岬町から入山して標高900m付近にキャンプ設営。9日前に知床岳縦走した時より一段と雪が減ってますが、まだ行けます。

IMG_5192

お客様はいろいろ勉強したいということで、今回は自分のテント持参です。冬用の吹き流しの入口付きの外張りを装備していて快適そう。

IMG_5195

2日目は硫黄山へアタックのため出発。雪は締まりベースキャンプからアイゼン行動。急斜面を登って国後島を振り返ります。

IMG_5199

主稜線は強風の様子が見て取れます。知円別分岐にたどり着くとウブシノッタ川の大崩落地形を駆け上がってくる暴風にまともに立っていられません。

IMG_5201

知円別分岐からコケシ岩に続く中の廊下への急斜面のトラバースルートが見え隠れしましたが、それを見てお客様は、無理、ということで、ここで撤退決定。シェルターを張って一休み。アライテントのライズ1はドーム型ですが、底が開くのでアイゼンを履いたまま被ることができてこんな時は快適。

IMG_5203

一層強くなった風と雪でホワイトアウト状態の中、コンパス頼りでベースキャンプに帰ってきました。

IMG_5206

風の具合など、どのような環境だったかはザックについたRimeが物語っています。

IMG_5215

3日目の夜明け前は満天の星空に微風。アタックするなら絶好の日和ですが残念ながら下山日。

IMG_5214

国後島から登る朝陽に向かって下山開始です。強い日差しと高まる気温に雪が腐ってぬかったり、スノーシューが下駄になる前に下山しました。

IMG_5228

テントの張り方やマットによる断熱の重要性など色々と体験しましたお客様。今度はどこに挑戦しましょうか?

(滝澤)