P6302428

2017.6.29-30 知床連山縦走

2017.6.29-30 知床連山縦走

二日間とも良い天気に恵まれ、久しぶりの暑さに夏真っ盛りといった様子。まだ雪の多く残る縦走路。雪渓と水場についてもお伝えします。

P6302430
シレトコスミレを探しながら。今回の参加者のお目当てでした。

P6302437
チングルマのお花畑も見ごろ!

P6302439
ひやひやの馬の背を越えて、こけし岩とぱちり。

P6292413
大沢の雪渓。

P6292427
サシルイからミクリ沼間。今年は多めです。

P6302441
第二前衛峰手前。斜面には大きく残っていますが、底の部分は少ないです。

P6302444
硫黄山山頂直下とトラバース。こちらも多めです。

硫黄川の雪渓は下の方は溶け始めています。滝はまだ出ていませんでしたよ。

P6302438
第一火口テントサイトの様子。フードロッカーは2台とも出ています。
縦走路は全体的に雪多め。二つ池の池のサイズも大きかったです。水はどこでもとれますね。

この時期は、お花畑に快適な雪渓歩き、シレトコスミレに・・・いい時期ですよ!
(伊藤)

「2017.6.29-30 知床連山縦走」への2件のフィードバック

  1. この時期になると稜線上は、アイゼン・スパッツは不要ですか?
    硫黄岳は、登れますか?
    なるほど、水には、苦労しないようですが、
    雪渓を溶かすのですか?
    素晴らしい写真をありがとうございました。
    この時期に行かれる方がうらやましい。

    1. コメントありがとうございます。
      私がピッケルを携行し、ステップを作成しますので、アイゼンは不要と案内していますよ。雪はあるので、スパッツはあった方がよいです。硫黄山も登りました!良い展望でした。雪渓から溶けたものを集めて浄水し煮沸しています。二つ池は枯れることないので、シーズン終わりまで水の確保可能です。連山縦走はいつの時期でも発見があり、いつでも楽しめます☆

コメントは停止中です。