IMG_1725

2016.6.2 岩尾別登山口の看板が新しくなりました

羅臼岳岩尾別登山口には入山の届け出をしたり、登山道や野生動物の情報などを掲載するための看板が設置されていましたが、これが新しくなりました。

傾斜地の下に位置しているため積雪で倒壊する恐れがあったことから、毎秋に解体、春に組み立てしてきましたが、経年的に傷みが目立ってきた看板。新しい看板も冬囲いが必要ですが、これまでより頑丈に作られているため、これまでのように歪みによってボルトとナットがはまらないようなことは無さそうです。

解体と組み立ての際は、岩尾別コースの登山道に関係する環境省や林野庁などの行政や知床山考舎や木下小屋など民間の現場の人間が集まって、登山シーズン前後で予定や反省を確認する場でもあります。この日も登山道整備の予定やオフシーズン中の倒木や道の洗堀の情報を交換して、シーズンに備えました。

岩尾別登山口の木下小屋は6月中旬以降のオープン予定ですが、詳細は未定です。

ホテル地の涯前公衆トイレ脇に設置される携帯トイレの回収ボックスも2日現在まだ設置されていません。斜里町に今シーズンの設置を確認することにします。銀冷水の携帯トイレブースがまだ運用前だとしても、携帯トイレは使えるわけですからね。

(滝澤)

「2016.6.2 岩尾別登山口の看板が新しくなりました」への1件のフィードバック

  1. 携帯トイレ回収ボックスの設置について担当の斜里町環境保全課に問い合わせしたところ来週6月13日の週に設置するとのことでした。

コメントは停止中です。